2017/02/23

2017/2月にたどりついたこと


この前作ったパッタイ風ビーフンが、
自分でもおいしい!と思うくらいおいしくできた。
いつも、これはこうした方がよかったかもね。とか
もっとこうするともっとおいしくなるね
とか話しながら食べていたのが、
おいしいで満たされた。

去年から、いろんなことでたくさん悩んで
いろんな人と話して、悩んで、話して、悩んで
を繰り返し。
答えなんて出なくて、辛かったり悲しかったり泣いたり
忙しくて作ってる場合じゃない!と、今までなら思っていたような日も
アトリエでごはんを作った。

生活が中心にあること

って、どんな風に生活が変わるのか知りたかったから。
そして、一緒にごはんを食べる人に
どんなに忙しい時でも
ごはんの時間に気をぬいてもらいたかったから。

無言で食べる日も、微妙って言われる日もあって
心が折れそうになったり、変に卑屈になったり、
ごはんを作りながらごはんを食べる時間が苦痛だったり。
ものすごい紆余曲折を経て
ものすごい衝突もして
たどりついたパッタイ。

サラダ記念日的に、パッタイ記念日◎
なんて、言えるくらい初々しくもない。
それとも、サラダ記念日はそんな紆余曲折あったのかな。

食べ終わったあと、とても満たされて
何かが終わった気がした。
自分に知らない間に与えていた何かがすっとおりた。
そして、また始まる。

過ぎてしまえば、ストレートにいろいろ言われたことは
とてもありがたいことに思える。
伝え方はいろいろあるとは思うけれど。
これは、修行なんだろうか。
生きる修行


0 件のコメント:

コメントを投稿