2016/05/12

日々のこと





個人で仕事をしていて、忙しいのはお互い様だから
「忙しいから」は言い訳にしないことにしている。
いつのまにかごはん担当になっていて
いろいろ注意が続いた時は
もうこんな場所出ていきたい!と
私物の小物を持って帰ってみたり
(ささやかな抵抗)(そしてまた持ってくる)
夜ごはんは家に帰って食べたり…をしていたけれど
忙しいからこそ、食べる時くらいしかちゃんと話さなかったりするし
お互い気分転換できればいいか!
と、二人ともやることのたくさんあった4月後半おいしいもの作るぞーと
がんばっていたら、いつのまにか厳しい注意が飛ばなくなって
最後にちょろっと言われたり、聞いたら出てきたり…に、なった。
ただ、食べ終わってすっと仕事に行かれた時期は
本当に悲しくて悲しくて、心折れそうになったし、
その後にイベントがらみでタイトルを変更しなければいけなくなったときは
そんなことも積み重なってポキっと心が折れてひとりで泣いた。
作ることも何もかも、初めてやめたくなって放り出したくなって
こんな気持ちの時に限ってひとりなんだなぁと思った。
結局、イベントに参加してくれる人たちや
その時に会った友達に励まされて立ち直って、
自分が相手に全てよりかかってしまわなくてよかったと思った。

ああ、そうだ。ひとりだった。
作る時はひとりであって、ひとりじゃないんだった。

そう確認できた。

やめたいって思うんだな、自分。