2014/04/12

上書き保存


ひとつ、納品が終わると
多摩川で一息つくようにしている。
感覚をニュートラルにもどすように。


母が2回目の入院を終えて一時退院してきた。
入院中、吐き気止めの薬が強いらしく
食べられないほどの吐き気はない。
ただ、吐き気止めのせいなのか
胃が重い感じがするらしい。

1回目の入院の時にはなかった尿がでづらい
というのがあって、
利尿剤を点滴されていたのだけれど
そんなのはその時だけしか効かないでしょ、
腎臓が何か影響受けてるんだから!と
試しにこんにゃく湿布を家で作って
保温して持って行って腎臓部分にあてたら
利尿剤並みにすぐ効いた。
温めればいいのかな?!と母は私が行けない時も
温かいおしぼりをあててトイレに行っていたらしい。

こういう症状の時はこんなのはどうだろう。
こんな味付けのものはどうだろう。
とできる事はいいけれど、
脱毛だけはどうしようもできない。
のびきった自分の髪の毛を、
これでウィッグできたりしないかな?!と冗談ぽく言ったら
全然足りないでしょ!と笑われた。

未だに先生に問いかけたい。
この治療は本当に意味があるのか。
本当にこれが一番いいと思っているのか。
自分の親にもこの治療をすすめるのか。

吐き気には吐き気止め。
利尿剤、便通薬、ビタミン剤。
薬のせいで起こる事を薬で止めて
どんな解決をしているんだろう。
エラーに上書き、上書きでエラーの原因がわからないまま。

原発で汚染水が漏れました。
なんとか修理しました。
また漏れました。
応急処置しました。
原発自体が壊れたままだから
そこをどうにかしない限りずっと漏れ続けるのに。
という事にも似ている。

0 件のコメント:

コメントを投稿